BLOG

メイクしている女性

花粉症がひどいのにメイクしても大丈夫?ベースメイクのコツも解説

花粉症の時期は、肌にもかゆみや赤みが出るのでメイクをしたくない方もいるでしょう。

しかし、花粉の時期は肌に直接花粉がつくことを防ぐためにベースメイクをしっかりするのがおすすめです。

そこで本記事では、ベースメイクのコツを解説します。
花粉の時期にメイクをするか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

花粉症のときはメイクしない方がいい?

花粉症

花粉症の方は、乾燥やかゆみなどで肌荒れが起きやすいです。
そのため、花粉症の時期になるとメイクを避けたくなる気持ちもわかります。

しかし、花粉症でもノーメイクは避けた方が無難です。

花粉症の時期でもノーメイクは避けた方がいい

花粉症の時期でも、肌トラブルを防ぎたいならノーメイクはNGです。
ノーメイクでいると花粉が肌に直接ついてしまい、乾燥やかゆみなどの刺激が肌にダイレクトに伝わります。

ただ、しっかりメイクをしなければいけないわけではありません。ベースメイクだけでもOKです。

ベースメイクは素肌をきれいにみせるだけではなく肌を保護する役目もあるため、花粉の刺激から肌を守るためにベースメイクだけでもするようにしましょう。

すでに肌トラブルがあるときは肌を休ませよう

花粉症の時期でもベースメイクはした方がよいと紹介しましたが、すでに肌トラブルがある場合は別です。

花粉症の時期は、パウダーの粒子などが肌への刺激になることがあります。

メイクをして刺激を感じたり、赤みやかゆみが増したりするときは肌を休ませるためになるべくメイクは避けましょう。

花粉症の時期でも安心!ベースメイクのコツを解説

花粉症の中メイクしている女性

ベースメイクを取り入れると、花粉症のときでもトラブルが起きにくくなります。

ベースメイクのコツをみていきましょう。

低刺激でオフのしやすいもの

肌トラブルを起こさないためにも、ベースメイクは刺激を抑えることを意識しましょう。

たとえば、敏感肌用、アレルゲンフリーなどの記載がある低刺激のアイテムがおすすめです。

また、クレンジングも肌に負担がかかりやすいため、洗浄力が強すぎるものは避けましょう。

ファンデーションは水分量が多いもの

花粉症により肌の調子が悪い場合、パウダーの粒子が刺激になる可能性があります。

よって、ファンデーションは水分量の多いキッドやクッションタイプのものがよいでしょう。

ベタつきが気になるときは、マットタイプのものを選んでください。

まとめ

花粉症の時期のメイクについて解説しました。

ノーメイクでいると花粉が肌に直接ついてしまい、乾燥やかゆみなどの刺激が肌に直接伝わってしまいます。

花粉症の時期でも、肌トラブルを防ぎたいならベースメイクをしっかりとしましょう。

名古屋駅徒歩1分でパーソナルカラー診断、顔タイプ診断、骨格診断を受けるならVan Ness salonへ。
Van Ness salon 川口礼華

]]>

関連記事

  1. 考えている女性
  2. アイシャドウ
PAGE TOP