BLOG

《みんなは知ってる?》コントロールカラーの選び方

皆さんはコントロールカラーは何色を使っていますか?

コントロールカラー、なんとなくは分かるけれどカラーバリエーションが豊富な分、どの色を選べばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、悩み別におすすめのコントロールカラーの選び方や使い方、塗る順番などをご紹介します、それではいってみよう☺️

コントロールカラーとは?

コントロールカラーとは、簡単に説明すると色のついた化粧下地のこと。黄ぐすみやクマ、赤み等を消して健康的かつ透明感のある理想的な肌へと導く効果が期待できる!またファンデーションでは補えない肌のコンプレックスをカバーしたり、厚塗りを防いだりする役割もあります✨

 

基本的な順番

⒈日焼け止め

⒉ベース(化粧下地)

⒊コントロールカラー  ⬅︎ここ!

⒋ファンデーション

⒌コンシーラー

⒍フェイスパウダー

と、この順番で使用してきます。

 

肌悩みに合わせた選び方

意識したいのが肌悩みに合わせた色選びです。元々の肌色に対し良くない効果が出る下地もあるのでそれも踏まえながらそれぞれの色がもつ効果をチェックしていきましょう👌🏻

 

〇ピンク

くすみを飛ばし血色感をプラスしてワントーン明るいお肌に。

NG:元々肌に赤みが出やすい方、肌により赤みを足してしまうので× 

〇パープル

黄ぐすみを飛ばしお肌が色白、透明感溢れる印象に。

NG:かなり日焼け肌の方、白浮きして見える可能性が…!

〇イエロー

シミ、ソバカス、茶グマをカバーし顔全体の色ムラを整えて肌の色が均一に。

〇ブルー

黄ぐすみを抑え1番色白になりやすい、肌の透明感UP!

NG:元々血色があまり良くない方、血色感がより無くなり元気がなさそうに見える可能性も

〇オレンジ

クマをカバーしたり、肌色を補い色ムラを整え健康的な印象に。

NG:元々肌に赤みがある方、より肌に赤みが足されてしまう。(どちらかというと黄みが強いのでブルベさんも少し注意です!)

〇グリーン

部分使いが◎!赤みをカバーしてくれるので小鼻周りや赤ニキビにも

NG:元々血色があまり良くない方、血色感がなくなり元気がなさそうに見えることも

まとめ

いかがでしたか?

種類が多くてどれがいいか悩みがちなコントロールカラーですが、肌悩みに合わせたコントロールカラーを正しく選ぶことで肌悩みが減り、お顔の印象がガラッと変わるのでぜひ参考にしてみてね😳✨

 

名古屋、福岡でパーソナルカラー診断、顔タイプ診断、骨格診断を受けるならVan Ness salonへ。

Van Ness salon 

]]>

関連記事

  1. おしゃれなメンズ
  2. 顔を覆っている女性
  3. 骨格診断は子供もできる!子供が骨格診断を受けるときの注意点
  4. 髪の毛を触る女性
PAGE TOP